So-net無料ブログ作成
「映像」なかま ブログトップ
前の5件 | 次の5件

「羅生門」はやっぱり、フィルムで。 [「映像」なかま]

P1030925b-3.JPG  映像なかま-6 

「羅生門」はやっぱり、フィルムで。
16ミリ映画を守り続ける、東京・府中市視聴覚研究会の活躍 
IMGP4282.JPG 
●長編は2台の映写機を途中で切り替えて上映。映写中の諸橋満寿恵さん

  
今年は巨匠・黒澤明監督の没後10年(2010年は生誕100 年)。それをきっかけに、最近「椿三十郎」と「隠し砦の三悪人」が相次いでリメイクされたこともあって、若い世代にも黒澤映画の面白さが浸透し、クロサワブームの再来をみております。

  そんな中、去る5月24日(土)午後1時半から、東京は府中市立住吉文化センターにおいて「住吉名画劇場」と銘打った黒澤映画鑑賞会がタイムリーに催されました。
上映作品は黒澤監督の代表作「羅生門」です。映画「羅生門」は、芥川龍之介の「羅生門」と「藪の中」という2本の小説をミックスして練り上げられた映画で、主演の三船敏郎をはじめ、森雅之、京マチ子、志村喬といった当代の人気俳優が脇を固め、人間の醜いエゴを容赦なく描き出した傑作として、当時、大きな話題を呼びました。製作は1950S25)年ですが、翌1951年秋に行われた「第12回ベネチア映画祭」でグランプリ受賞を果たし、日本映画が初めて国際的な名声を得た記念すべき作品として記憶されています。

東郷寺2dvstill.jpg東郷寺3dvstill.jpg
P1040886-2.JPG
●上 映画「羅生門」のモデルとなった府中市・東郷寺の大門
●下 映画「羅生門」のオープンセット(文化出版局「日本映画史大鑑」より)

 今回、上映作品として「羅生門」が選定された理由には、実はもう一つ、訳があります。それは、羅生門のオープンセットのモデルになった寺院が府中市にあるからでした。春にはみごとな枝垂桜で親しまれている「東郷寺」というお寺なのですが、その壮観な大門は、まさに「羅生門」のイメージにピッタリ、ということで黒澤監督のお眼鏡にかなったのでした。いわば映画「羅生門」は、府中市民にとって郷愁と同時に誇りを呼び覚ます映画でもあるのでした。

IMGP4270-2.JPGIMGP4296-2.JPG
●会長は1924T13)年生まれで83歳。16
ミリ操作のベテラン、高橋忠雄さん。

IMGP4305-2.JPGIMGP4300-2.JPGIMGP4293.JPG
●左から堀江成子さん、設楽厚子さん、運営の様子をビデオで記録する肥田元成さん
 

 ところで、すばらしいのはこの会の運営です。主催は府中市ですが、実際の運営は「協力」の名で府中市視聴覚研究会によって行われています。
府中市視聴覚研究会の創設は1986S61)年。開設当時は市の広報活動や学校教育の場などで16ミリ映画は大きな役割を果たしていました。ところが最近のように、ビデオやDVDが主流を占めるようになると、次第に16ミリ映画の活躍の場が減ってきました。けれども、「フィルムで製作された映画のテイストはフィルムでこそ」というポリシーを頑なに守ってきた視聴覚研究会では、市と手を携えて、子供向け、大人向け、学校での映写会と年3回の16ミリ映画上映活動をボランティアで継続。今では一時減少した観客も次第に戻って、次回を待ち望む声も聞かれるようになったということです。

IMGP4319.JPG

 
この日、会場には整理券を持った市民が続々と集まりました。昔の映画を懐かしむ世代に留まらず、黒澤監督の映画が大好きという若い世代の顔も見え、100
名の定員いっぱいの盛況でした。府中市視聴覚研究会の活動は全市の文化センターに及んでいますが、「映画という文化を自分たちの手でみんなのために」という熱意によって、地域に根付いた文化センター事業として営々として続けられていることにこころを打たれた「名画劇場」でした。

IMGP4266-2.JPG
●府中市視聴覚研究会のみなさん 
左より諸橋満寿恵さん、設楽厚子さん、堀江成子さん、高橋忠雄さん、堀江成佳さん

IMGP4262-2.JPG
●三笠書房 昭和
27年刊「シナリオ羅生門」定価60
円。
当時、シナリオが出版されることは珍しいことでした。これは映画大好き人間の堀江成佳さんの宝物です。

■府中市の16
ミリ映写機定期点検でも大活躍
 
一般に公共施設や学校で活用される16ミリ映画の多くは、公立図書館などのライブラリから借り出して上映されます。フィルムはとても繊細で傷つきやすい上、本番でライトがつかないとか音声がでないとか、アクシデントがあってはいけません。そのために府中市でも年1回、16
ミリ映写機の保守点検が行われているのですが、ここでも府中市視聴覚研究会の皆さんが活躍しています。
  この写真は、市内の文化センターや学校に備えられている
16ミリ映写機を一堂に集めて、視聴覚研究会のメンバーが指導に当たっているところです。施設に据えつけてある映写機については、メンバーが出向いて点検・整備を指導しています。
 

IMGP4410-2.JPGIMGP4406-2.JPG
●府中市生涯学習センターに全市の16ミリ映写機を集めて定期点検を行う府中市視聴覚研究会のみなさん


名作には、曇天シーンも必要だ [「映像」なかま]

P1030925b-3.JPG 映像なかま-7
名作には、曇天シーンも必要だ
「TAMAビデオクラブ」初夏の撮影会 

P1050355-2.JPG

P1050237-2.JPGP1050240-2.JPG
●いつものことながら、集合、乗車から撮影が始まる。その熱心さに感心。

 梅雨空が続く6月30日、東京都府中市に活動拠点を置く「TAMAビデオクラブ」の撮影会が行われました。目的地は山中湖近くの「花の都公園」と河口湖畔の「八木崎公園」の2本立てです。
 
梅雨のさなか、今にも降り出しそうなお天気でしたが、集合場所のJR南武線・分倍河原駅前には熱心な会員とゲストのみなさんの総勢17名が集合。午前9時10分出発。大型バスをチャーターしての豪華版です。車中では「雨男・晴れ女論議」が盛り上がり、「今日のお天気は、もつ」という晴れ女連側のご託宣で決着がついたようでした。

P1050245-2.JPGP1050242b-2.JPG
●雨でも結構。雨の作品なら、もうそれなりにイメージができてます。

 「TAMAビデオクラブ」は、1996年7月発足。23区以外の東京多摩地域を対象とする広域的な生涯学習の場「TAMA市民塾」の発足とともに同塾のビデオ講座から生まれたサークルなので、会員は多摩地域のあちこちから集まっています。つまり、特定の市域に限定されることなく、広域的な交流が図られていることが大きな特長になっています。

P1050267-2.JPGP1050300-2.JPGP1050290-2.JPGP1050289-2.JPG●「花の都公園」は水無し川、水無し滝で残念でした。

 最初の目的地「花の都公園」では、せめて降らないで、との願いは叶い、着いたとたんから撮影が始まりました。けれども富士の姿はあいにく厚い雲に閉ざされて見えず、今を盛りと咲き競うほどの花々の姿もなく、おまけに水場の清掃と整備のために水が止められて、目玉の三連水車は止まり、大滝が流れ落ちていないなど、絵になる情景がことごとく全滅。
 でもそこはベテランの監督ぞろい。1日の撮影で1本の作品をまとめ上げるのも名監督なら、他の日に撮影したカットにこの日の曇天シーンを加えて生かすのも名監督。きっと曇天の撮影会を逆手に取った名作が生まれることでしょう。

P1050313-2.JPGP1050315-2.JPG
●「ほうとうにしようか」、「お握りがいちばん」。楽しい昼食です。

P1050395-2.JPG
●立てば絵になる河口湖畔 「八木崎公園」にて

 河口湖畔に面した「八木崎公園」はハーブ主体の公園らしく、園内に設置されたテント内では「ハーブ・フェスティバル」の真っ最中で、たくさんの人たちが訪れていました。こちらは湖あり、ハーブ畑あり、イベントあり、人の動きありで、ビデオの
材料にはこと欠かない感じでした。

P1050359-2.JPGP1050383-2.JPGP1050411-2.JPGP1050418-2.JPG
●「八木崎公園」はラベンダーが真っ盛り。爽やかな香りを漂わせています。

 こうして一日、晴れ女連の予言通り雨も降らずに撮影会は終了。午後2時40分、バスに集まって予定通り帰路に着きました。今回の撮影旅行の手続きと綿密なスケジューリング、そして水も漏らさぬみごとな運営の手際はすべて大熊会長の努力のたまものなのでした。
 
さて、今回参加のみなさんは、この二つの目的地でどんな情景を切り取ったのでしょうか。<曇りには曇りの、雨には雨の作品がある>。また、今回の撮影だけでまとめる必要もない。クラブ例会での作品発表が待たれます。

P1050314-2.JPGP1050393-2.JPGP1050312-2.JPGP1050394-2.JPGP1050309-2.JPGP1050390-2.JPG
●顔を上げた様子は下の写真をご覧ください。

P1050275-2.JPG


2日間盛大に「府中ビデオまつり」開催 [「映像」なかま]

P1030925b-3.JPG 映像なかま-8

芸術文化祭 花ざかりの中で

祝・府中市映像連盟創立20周年
2日間盛大に「府中ビデオまつり」開催


P1060389-2.JPG
●毎年「府中ビデオまつり」が行われている、府中市「府中の森芸術劇場」

 
1018()19()2日間、東京・多摩地域の府中市「府中の森芸術劇場」2階、平成の間で「府中ビデオまつり」が開かれました。

この催しは府中市と府中市民芸術文化祭実行委員会主催「第44回府中市市民芸術文化祭」のプログラムのひとつとして行われたもので、府中市映像連盟主管のもとに毎年実施されています。

P1060397-2.JPG●受付担当のみなさんP1060490-2.JPG●上映/音響担当のみなさん

「府中ビデオまつり」には、府中の一般市民をはじめ府中市に拠点を置く連盟加盟クラブ会員の作品が寄せられていますが、多摩全域からの会員で結成されているビデオクラブも参加していることから、多摩地域屈指のビデオまつりとして知られています。また、コンテストではなく、誰でも参加できる発表の場であることも大きな特長です。

特に今年は府中市映像連盟発足20周年にあたり、運営にも作品づくりにも例年以上に力が入り、初日(午後の部のみ)13作品、2日目(午前と午後の部)25作品。合わせて38作品もの力作・傑作が寄せられました。

P1060411-2.JPG●府中市映像連盟会長・設楽厚子さん
P1060414-2.JPGP1060427b.JPG
●来賓のご祝辞 左/府中市文化振興課長 後藤廣史氏
           右/東京映像メディア研究会会長 酒井登氏

P1060436-2.JPG
P1060408.JPGP1060447-2.JPGP1060471.JPG
●18日司会・奥川實さん    ●19日午前司会・中井明子さん ●19日午後司会・松本幸彦さん

今年の特徴の第1は、作品の制限時間がこれまで5分以内とされてきたものが7分以内に延長されたことです。これはクラブ会員のレベルが上がったことと無縁ではありません。7分の作品はそれだけテーマや作品内容に高い密度が要求されます。今年の参加作品を時間別に展望すると、全38作品中5分以内が13作品。一方5分以内という枠が外れたことによる6分以上の作品が22作品におよび、全体の過半数を占めました。参加作品のレベルアップは明白で、長短どちらの作品もそれぞれ必要とする時間を十分に活かした中身の濃い作品に仕上がっていたようでした。

P1060425-2.JPGP1060474-2.JPG
●標準画面では、日常を新鮮な感覚で表現したみずみずしい作品がいっぱい。

特徴の第2はワイド作品の登場です。今年はこれまでのスタンダード画面(画面の縦横比3:4)の他に、ビスタサイズと呼ばれるワイドテレビと同じ9:16 の作品が8作品あり、これらはすべてハイビジョンカメラで撮影されたものでした。上映は会場に用意されたプロジェクターに合わせて、残念ながらハイビジョン作品も標準画質にダウンコンバートされたものが上映されましたが、今後ハイビジョン/ワイドスクリーン作品は確実に増えることが予想されるため、上映会場にハイビジョン対応プロジェクターの早期導入が課題となっているようです。

P1060494-2.JPGP1060488-2.JPG
●ワイド作品では、広い画面を生かした楽しい作品や実験的な意欲作が登場。


府中市映像連盟創立
20周年親睦会
  2
日目の上映会終了後には、同じ会場で「府中市映像連盟創立20周年親睦会」が行われました。連盟創立時から指導に当たられた元NHKカメラマンの神澤昌二郎先生(現在NHK文化センター講師)、および立川市に活動拠点を置く「NHK多摩アマチュアビデオクラブ」の渡辺實会長をゲストに、連盟の役員をはじめ作品を寄せた大勢のみなさんが参加し、ゲストによる全体的な講評、作品の感想や来年度の運営、などについて活発な意見交換がなされた後、午後6時半閉会となりました。なお、今回の「府中ビデオまつり」は2日間で200名を越す来場者がありました。

P1060507-2.JPG
P1060478.JPGP1060517-2.JPG
●神澤昌二郎先生      ●「NHK多摩アマチュアビデオクラブ」渡辺實会長

P1060521-2.JPGP1060511-2.JPG
P1060523-22.JPG
●府中市映像連盟の功労者・三代会長・矢島健さん

  思えば20年前は8ミリビデオの誕生により、ビデオが家庭にようやく広まりだした時代でした。府中市映像連盟は府中市の文化振興の一環として、その新しいメディアをいち早く市民に普及させ、活用させるために発足したものでした。
 この20年、ビデオ制作はアナログ仕様からデジタル仕様へと大きく転換しました。最近はアマチュアの世界でもビデオカメラはハイビジョンを指向し、録画方式も多様化するなど、制作環境が激変しています。新しいツールには新しい表現の可能性が期待できます。関係団体はこれからますます府中市映像連盟との連携を密にして、前向きに取り組んで行きたいものですね。


紅葉まっさかり 国営昭和記念公園 [「映像」なかま]

P1030925b-3.JPG  映像なかま-9
紅葉まっさかり 国営昭和記念公園(立川市)
「ビデオサークル・月曜クラブ」秋の撮影会 

P1060713-2.JPGP1060731-2.JPG
●「日本庭園」の紅葉

 秋が深まる
11月ともなると、スチルやビデオで紅葉を訪ねての撮影会があちこちで開かれます。最近は公園が整備され、必ずしも各地に散在する紅葉の名所を訪ねなくても、意外に身近に紅葉のすばらしいところがあります。特に東京の奥座敷と言われる多摩地域には、奥多摩の渓谷をはじめ高尾山、高幡不動、小金井公園、神代植物公園など至る所に、紅葉の名所があります。

P1060711-2.JPGP1060707-2.JPGP1060724-2.JPGP1060708-2.JPG
●「日本庭園」の紅葉 色彩は揃ったけれど青空が足りないなあ

 そこで、多摩地域在住の会員で構成される「ビデオサークル・月曜クラブ」が秋の撮影会の会場として企画したのは、国営昭和記念公園(立川市)でした。ひにちは昨日、1110日。集合時間は現地に午前9時半。11名が集まりました。

P1060636-2.JPGP1060637-2.JPGP1060680-2.JPGP1060677-2.JPGP1060674-2.JPGP1060688b-2.JPGP1060685b-2.JPGP1060684b-2.JPG
●天気が悪いと気分もイマイチ。課題作品どうしようかなー

  雨は大丈夫でしたが、残念ながら一日中晴れ間は望めない曇り日でした。けれども幸いそれ程寒くはなく、石原会長の挨拶のあと、各自が撮りたい場所に散開してお昼まで自由行動。午後1時に昼食会ということで園内のレストランに集まりました。

P1060690-2.JPGP1060695-2.JPGP1060694-2.JPGP1060692-2.JPGP1060696-2.JPG
P1060693-2.JPG●さて、誰がどれを食べたでしょう?
P1060698-2.JPG

●安くておいしい国営食堂? おいしいのは本当です。

  昼食後は解散ということで、帰るもよし、残って撮影を続けるもよし、ということになっていました。時間的にはまだ早いのですが、曇り空は晴れることなく、撮影には決して適した状況ではなかったのですが、熱心な人約1名は、帰る人から頂いた1日有効の園内巡回トラムチケットでちゃっかりもう一回りして、午後4時までがんばっていました。(ここだけの話)

P1060632-2.JPGP1060735-2.JPG
●500円で各駅乗り降り自由、終日有効の乗り放題トラム 3編成で1周45分

「ビデオサークル・月曜クラブ」では、年に2回、テーマを決めて課題作品の競作を行っており、今年後半のテーマは「楽しみ」と「文化」となっています。この二つのどちらを選んでもいいのですが、今日の撮影会の作品からテーマ作品が生まれるかどうか。年末の発表会が今から楽しみです。

 

イチョウが散ったら、冬はすぐそこ。 [「映像」なかま]

P1030925b-3.JPG  映像なかま-10

イチョウが散ったら、冬はすぐそこ。

「TAMAビデオクラブ」秋の撮影会
  国営昭和記念公園(立川市)

P1070210-2.JPGP1070217-2.JPG

 ここ数日、急に気温が下がり、街路樹の葉もほぼ落ち尽くそうとしています。
そんな中、
天気は快晴で風もない穏やかな1122日、11名の会員が集まって、「TAMAビデオクラブ」秋の撮影会が立川市の国営昭和記念公園で開かれました。

P1070269-2.JPG

 府中市に活動拠点を置く「TAMAビデオクラブ」は、府中市に限らず
多摩地域のあちこちから集まった広域会員で構成され、月2回の例会と季節の撮影会を活動のベースとして作品発表などを行っておりますが、今回の撮影会は、「高尾山」をはじめ小金井市の「江戸東京たてもの園」、三鷹市の「井の頭公園」、調布市の「神代植物公園」などいろいろな候補が上がった中から、多数決で決められたものでした。

P1070193b-2.JPG
P1070231-2.JPG

 当日は午前10時、JR西立川駅に集合し、午前中は撮影。12時半にレストラン前に集合して昼食という予定でした。

 土曜日ということもあって人出はすごかったのですが、残念ながら紅葉はほとんど終わりという感じ。期待していたイチョウ並木もかなり葉が落ちてしまっていました。いちばん賑わっていたのはバーベキューガーデン。何十組ものパーティで埋め尽くされていたというのに、レストランの方も長蛇の列で超満員。私たちは仕方なくオープンテラスでテイクアウトというハプニングとなりました。

昼食後は自由解散。まだ撮り足りない人は、てんでにまた園内に散っていきました。

P1070236-2.JPGP1070216-2.JPGP1070243-2.JPGP1070201-2.JPGP1070195b-2.JPGP1070251-2.JPG

   私個人としては、先週、同じ府中市に拠点を置く「ビデオサークル・月曜クラブ」の撮影会が同じ昭和記念公園だったため、2週続けて昭和記念公園での撮影となりました。前回は紅葉ねらいで「日本庭園」の方角に向かったので、今回は別方角の、噴水とカナール(流れ)のある「であいの広場」のイチョウ並木に向かいました。作品づくりのためには1回の撮影会だけでまとめるよりも2回分の素材があった方が何かと融通が利くのですが、前回はかなりのくもり空。今回は快晴ということで、そのままつなぐことはできませんので、ストーリーに工夫が必要かと考えています。さて、みなさんはどんな作品にまとめ上げるのでしょうか。

P1070257-2.JPGP1070272-2.JPG

伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」高島屋東急ハンズのネット通販「ハンズネット」120×60サイズRope' Picnic Official onlineshop
前の5件 | 次の5件 「映像」なかま ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。