So-net無料ブログ作成

「目からうろこ」の新世界 [キャラメル・エッセー]

P1030925b-3.jpg  「新潟日報」連載・10年後の復刻
キャラメル・エッセー 回転ドアの向こうには-9
「目からうろこ」の新世界

回転ドア写真9.JPG回転ドアの向こうには-9b.JPG

●このエッセーは1998年5月18日付「新潟日報・せいかつ欄」に掲載されたものです。
●「キャラメルエッセー」の全体テーマは「生涯学習」。10年後の復刻として全14回を随時掲載させていただいております。なお、ここでは「生涯学習」を、文字通り「生涯が学びの場」と広くとらえています。
●記事は当時のままです。場合によって現在の認識とズレがあるところが出てきても、そのまま掲載しております。
 

目からうろこが落ちる。何かをきっかけにそれまで分からなかったことが一気に理解できるようになることをいうが、私はこれまでに二回そういう体験をした。文字通り目の前が突然、ぱぁーっと目もくらむほどに明るく輝くのである。それは、瞳(ひとみ)を覆っていた白濁したコンタクトレソズが剥(は)がれ落ちた感じに似て、まったく異なる次元の地平を見たような清新な気分なのである。ある種のさとりに似た境地とでも言おうか。こんな世界があったのか、と感動に震える、まさに「開眼」といった感じなのである。

 一回目は昭和五十年(1975)。イベントプランナー&映像演出として独立したときである。このころから大手の広告代理店に出入りさせてもらうようになったが、ひとつの仕事を共同で創(つく)り上げていくことのよろこびを、この時初めて知った。
 
サラリーマン時代は上意下達の徹底した縦割り組織の中にあったが、広告の世界では、企画から制作・実施に至る複雑な業務が、クリエーター同士の横の連携で動いている。極めて細分化された専門職の集合体であるため、お互いが相手を尊重し協力し合う、とても良い仕事環境が出来上がっていることに対する驚きもあった。「これこそ求めていた仕事場だ」と思った。
 
それに千変万化する魅力的なクライアント(広告主)。国内初の個人向けコンピューターが「パソコン」とネーミングされる場に立ち会い、博覧会、フェア、コンべンションなど、大きなイベントが次々と生み出される企画会議に同席した。エレクトロニクスをはじめ、アパレル、化粧品、食品、航空・運輸、建設、レジャー、果ては石油化学に至るまで、いろいろな企業に出入りする日々。毎日が新鮮で充実し、まさに高度経済成長の実感をメーカーと共有してきた感があった。

沖縄海洋博.JPGIMGP7132.JPG
P1100846-2.JPGIMGP7328.JPGNEC PC9801-2.JPGIMGP7316.JPGIMGP7317.JPGIMGP7315.JPGIMGP7307-2.JPGIMGP7136.JPGP1110024.JPGP1110025.JPG
STAGE.JPGCAMERA.JPGIMGP7138.JPG

 二回目の「目からうろこ」の体験は、わずか三年ほど前(当時)。「もうひとつの東京」と呼ばれる東京西部の多摩地域で、「TAMA市民塾」という広域的な生涯学習の場の立ち上げと運営に参加したときである。
 
人生の折り返し点を迎えたころから生涯学習に関心を持ち始めていたのだが、故郷で過ごしたよりもはるかに長い年月をこの地で暮らしてきたことを思うと、名実ともに第二の故郷となった多摩の地で、自分はどう生きたいのか、そのために何をしたいのか、と考えるようになった。若いときは「世の中のために」と思っていた。それが年を重ねるにつれ、「自分のことも不如意なのに、世の中のためなんて」と思うようになった。そこから「まず、自分を高めたい」という欲求が生まれ、それがボランティアに目を向けさせた。
 
はじめは仕事をリタイアした後で、自分の技能を生かせる地域活動をやりたいと考えていた。しかし、日常のほとんどを都心で過ごし、地元との結びつきがなかったことに思い至った。「引退してからでは遅い。今、できるところから地域に溶け込んで行きたい」。そう考えた時、「生涯学習」は私にとって大きな行動指標となったのである。

P1080405-2.JPG●6階「TAMA市民塾」東京都府中市

 「TAMA市民塾」は多摩全域三十一市町村・三百五十万人の住民(当時。現在は30市町村、413万人)を対象とした広域的な生涯学習の場である。カルチャーセンターとは異なり、運営も講師もボランティア。現在その両方に参加させてもらっている(当時)。
 
「TAMA市民塾」では、すべて自分のためにしていることなのに、いろいろな人たちに喜んでいただける。ここでは、損得勘定を伴わない純粋な人間関係のすばらしさを肌で感じることができる。「自分探し」を共通テーマとする仲間同士が、心を開いて結ぴついている。その中に包まれている自分を感じるとき、心から「いいなあ」と実感できるこのごろなのである。
 
私は今世紀中(20世紀中)に、まだまだ「目からうろこが落ちる」体験をしたい。それには、未知の領域に進んで入り込んでいく好奇心と行動力を持つことだと思う。 

★三回目の「目からうろこ」の体験は、ついに20世紀中には実現しませんでした。昨年から始めたこのブログが、もしかしたらそうかも知れません。

※多摩地域とは東京都の区部を除いた西部地域の市町村全体をいいます。


nice!(46)  コメント(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 46

コメント 68

sig

父ちゃん、はじめまして。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 07:07) 

sig

c_yuhkiさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 07:08) 

sig

ごんちゃん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 07:10) 

sig

やまがたんさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 07:31) 

sig

takemoviesさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 09:41) 

Yuki

目からうろこの体験、2回もされたんですね!
思い返してみて、目からうろこの出来事・・・・。
思いつきませんでした。^^;
by Yuki (2009-05-21 10:00) 

kontenten

技術の劇的な進歩は、本当の技術の有り難さを忘れさせると
うちの部長(師匠)が言っておりました(w)
我々製造業者は、こんな設備があったら効率化が出来るのに・・・とか
新製品を作れるのに・・・とか、特殊技能が不要になるのに・・・とか
新しい技術・設備の使い方を工夫したものです。
ところが、物心が付いた時から、そんな便利な技術・設備に恵まれて
しまうと、有り難みが薄れるようです。
逆にその技術・設備の由来を知らない世代は、システム自体の理解も
難しくなっている傾向にあるようです。
物事の仕組みが分かり難くなっている昨今・・・新しい発想は、やはり
基本を知らない世代には難しいモノになっているかもしれませんね。
by kontenten (2009-05-21 10:05) 

ChinchikoPapa

こんにちは。
PC-9801無印、ほんとうになつかしいです。^^ ほとんど同時に発売されたPC-8801無印ともども、いまだ本体デザインやそれぞれのポスター・カタログのモデルまではっきり憶えています。確か、1982年の春と秋だったでしょうか。前年には、日本語JIS第1水準を搭載したPC-8001が発売されて、衝撃的でした。
これらのパソコンが発売される直前、わたしは確か大学を出るかでないかで、アップルのAppleⅡとHPのデータレコーダ付きの一体型マシンをいじってたかと思います。BASICを読み込ませるのに、10分間も待つ時代でした。
写真の98の横に並んでいる8インチFDDは、確か30万円近くしましたね。うちには8インチFDが記念でとってあるのですが、まるでウチワです。
by ChinchikoPapa (2009-05-21 11:34) 

sig

路渡カッパさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 11:34) 

sig

Yukiさん、こんにちは。
このような体験は、あるいは無い方がいいのかもしれません。
なぜなら、私の場合、成り行き上、敢えて別の世界へと舵を取ったりしたものですから、まったく新しい世界を見てびっくりすることになったのです。
生活においては平穏無事が何よりです。
行動力旺盛なYukiさんは、いつも新鮮で驚きのある日常ではないでしょうか。
by sig (2009-05-21 11:46) 

ちゃこちゃん

昭和50年代あたりから日本は目まぐるしい成長を遂げて行ったのですね。
それを真ん中で体験していかれたのはすごいことですね。
すごく楽しそうです♪
これからさらにまたいろいろなことに挑戦していくのは素敵ですね!
by ちゃこちゃん (2009-05-21 13:22) 

sig

kontentenさんのお話はよく分かります。
現代の新しい技術は、仕組みが面倒なだけに、ユーザーにはできるだけそこを見せないようにして使い方の簡単さだけをアピールする傾向にありますね。
大事な部分をブラックボックスにしてしまえば物事の仕組みは伝わっていかない訳で、その基本を知らなかったら応用もありえないというになります。
昔、こんなCMがありましたが・・・「私、つくる人。あなた、食べる人」。食品なら分かりますが、工業製品はそれだけでいいのか、と思いますね、確かに。
by sig (2009-05-21 14:20) 

sig

お茶屋さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 14:20) 

sig

こんにちは。
PC9801は82年10月発売でした。その関係のお仕事を頂きましたので購入しました。そのフル装備を5年前まで死守しておりましたが、2度の連続転居で涙を呑んで処分しました。BASICのプログラムを自分で打ち込まない限り全く仕事をさせることが出来ませんでしたね。カセットテープのプログラムを買って使ったこともありましたね。
8インチFDDは私も1枚だけ保存しています、片面だけのもので記憶容量は1Mでしたね。今、うちのパソコンはハイビジョン動画を処理するため、HDDを2Tにしてあります。隔世の感がありますね。
あのころは楽しかったですね。はっきり覚えていますよ。
by sig (2009-05-21 14:34) 

sig

漢さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 14:35) 

sig

shinさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 14:35) 

sig

xml_xslさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 14:36) 

Qoo

目からウロコってまだ強力に実感した事はないかも
楽器の演奏ではあるんですけどね
以前は小手先の技術にばかり目が行ってしまっていて
そうじゃないんだって気付いた時は世界が広がりました


by Qoo (2009-05-21 16:06) 

sig

ちゃこちゃん、順番まちがえてごめんなさい。
そうなんです。私たちの世代は辛いことはありましたが、日本は必ず伸びていくという確信があったのです。そして、年毎に収入が上がり、生活用品も充実し、生活が向上していくことを実感できたのでした。
昔の世代がやっとの思いで到達したところから人生が始まった現在の若い世代が、では幸せかというと、必ずしもそうではありませんね。
この時点から更に伸びていく将来があってこそ夢をもてるのに、残念ながら日本は停滞どころかもう20年も低迷したままです。それが日本だけでなく世界的な傾向であることを危惧するのです。
by sig (2009-05-21 16:08) 

sig

Qooさん、こんにちは。
なるほどね。音楽などの創造的な活動などではあるでしょうね。
技術的な新展開とか、解釈上の新しい発見とか・・・そうか、これだったのか、という感じですよね。

上に、このブログが第3の「目からうろこ」かと書きましたが、実はいまいちの感じなんですよ。もうひとつサプライズが起これば、そういえそうですが。
by sig (2009-05-21 16:15) 

sig

ヨタ8さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 16:53) 

いぬ

sigさん こんばんは
目からうろこ 無いですね それだけ頑張っていないのかもしれません
最近は目にうろこがついたように老眼が進み見えません

写真ありがとうございました
綺麗になるもんですね
一応ブログに載せる時いじったんですが
写真 その物の本来の色を出すのが写真なんでしょうね
見たままの色で良いんだと思ってた頃もありますが
望遠レンズで撮っていて 見た景色と違う景色を撮っているのだから
目で見た色 景色に拘らない方が写真なんでしょうね
by いぬ (2009-05-21 19:53) 

sig

いぬさん、こんばんは。
このような体験は、あるいは無い方がいいのかもしれません。
私の場合、成り行き上、敢えて別の世界へと舵を取ったりしたものですから、まったく新しい世界を見てびっくりすることになったのです。
生活においては平穏無事が何よりです。

写真の修整ですが、写真は一発勝負が身上ということでオリジナルには手を加えない主義の方もおられますので、余計なことだったかもしれません。
また、モニターによって明暗の違いがあったりしますから、自分のモニターが暗いので画面を明るく調整したら、明るい画面の人から画面の色が飛んでいると指摘されたこともあります。これは表現の問題ですから、本来他人が口出しすることではないと思いますね。
by sig (2009-05-21 23:56) 

sig

yannさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 23:57) 

sig

うにさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 23:57) 

sig

チョコシナモンさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-21 23:58) 

アヨアン・イゴカー

ボランティア活動をされているのですね。
損得勘定抜きに活動することは、合理主義の反対の生き方で、私は素晴らしいことだと思います。それこそが最も人間が人間らしく輝く時だと思います。
by アヨアン・イゴカー (2009-05-22 00:08) 

sig

アヨアン・イゴカーさん、こんばんは。
それはほめすぎです。そんな高尚なことではなく、自分で出来ることで地域に自分の居場所をつくるというだけの話です。これまでやって来たことがそこで生かせればいいのですよ。
by sig (2009-05-22 00:22) 

いっぷく

高度経済成長の頃の写真を見ると、当時の時代を感じさせるさまざまな物が写りこんでいて古臭くも感じるのですが、今の人たちの表情より生き生きしたものを感じます。日本をけん引していた代表的な企業に出入りしていたんて、とてもいい仕事環境に身を置かれていられたんですね。
by いっぷく (2009-05-22 00:22) 

やまがたん

時代の進歩、流れとは凄いというか素晴らしいですが
古きよき日本を見るとちょっと懐かしく感じちゃいます

ポチポチっとオウエン☆
by やまがたん (2009-05-22 06:48) 

sig

いっぷくさん、こんにちは。
フリー駆け出しの頃は苦労の連続でしたが、取引が出来た数社の中の1社に特に目を掛けていただきました。それで大きな企業の仕事をさせてもらったわけです。本当にいろいろな分野のクライアントに出入りできて面白かったです。
by sig (2009-05-22 10:14) 

sig

やまがたんさん、こんにちは。
今考えると、右肩上がりの時代は活気があってよかったですね。
by sig (2009-05-22 10:15) 

sig

maicatさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-22 10:15) 

カメキチ

目からうろこ・・・・それはきっと素晴らしい体験?でしょうね。私には残念ながら目からうろこといった思いは無いようです。いかにボーッと人生を過ごしてきたかの証のようなものですね。(笑)
by カメキチ (2009-05-22 10:34) 

sig

カメキチさん、こんにちは。
本当に、書いたとおりの感じでしたね。
私の場合、成り行き上、敢えて別の世界へと舵を取ったりしたものですから、まったく新しい世界を見てびっくりすることになったのです。
生活においては平穏無事が何よりです。

by sig (2009-05-22 11:09) 

sig

Mycatさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-22 11:09) 

とらさん

こんにちは
sigさんのブログを拝見していますと、何か大事な物を、置き忘れてきたような気がします。
ここで、今一度、振り返ることも、大事かなと思い始めました。
by とらさん (2009-05-22 13:36) 

sig

とらさん、こんにちは。
このブログは去年のお正月から、ほんの出来心で始めたのですが、図らずもいつかは自分の足取りをまとめてみたいと思っていたことをブログでやることになりました。
全くプライベートなことなので、これまでも迷いはありましたが、自分の半生の半分まで進めてきましたので、今は何とか続けてみようと思っています。
こうしたきっかけがなかったら、まず絶対に、思っているだけで終わってしまったことだと思います。これを書いてどうということはないのですが、ひとつの区切りはつくかな、と感じです。いつもありがとうございます。
by sig (2009-05-22 13:48) 

キク

ご無沙汰しました☆
帰省してたものでして。
by キク (2009-05-22 15:17) 

sig

キクさん、お帰りなさい。お疲れ様でした。
by sig (2009-05-22 16:10) 

sig

m6324さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-22 17:36) 

sig

disneyworldさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-22 21:17) 

sig

saki_kokkoさん、はじめまして。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-22 21:18) 

walz

こんばんは~
僕も高度経済成長の時代をリアルタイムに体験したかったです^^

今はスイッチを入れれば電気がつき、蛇口をひねれば水が出る時代
映画館に行かなくても映画が観られて、ゲームセンターに行かなくてもゲームができる時代
人間、便利さと引き替えに失ったものも多くあるのかも知れませんね

あ、PC-9801って懐かしいですね
僕が初めて使ったパソコンはPC-6001だったりします☆
by walz (2009-05-22 21:57) 

sig

walzさん、こんばんは。
おっしゃる通りですね。便利なように、手を使わずに済むように・・とやってきたことが、結果的に国民を手足の無いダルマさんにしてしまいました。手足を動かさなければ頭は回転しませんから、人は退行します。残念ながら今はそんな感じかな。人間は動かなくちゃね。動くことが社会を活性化し、結果的に経済も回転する・・そんなにうまくいかないか。
PC-6001からとは98の少し前からですね。すごいなあ。BASICでよくゲームプログラムを入力しましたね。98は3年前まで確保していたのですが、引越しでとうとう一式処分しました。残念でした。
by sig (2009-05-22 22:58) 

sig

八犬伝さん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-22 22:59) 

sig

うささん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-22 22:59) 

sig

leoさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-23 07:59) 

tomickey

振り返ってみてみるとおもしろいものですね!
ディズニーランドの風船がとても懐かしいです~(*^_^*)
by tomickey (2009-05-23 13:36) 

sig

tomickeyさん、こんにちは。
この写真から、もう26年も経つのですね。
最近はイベントで風船を上げられなくなりました。
鳥に害を与えるとか、環境汚染の観点からみたいです。
by sig (2009-05-23 14:36) 

sig

レナさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-23 15:56) 

furukaba

こんばんは。
古い映像のDV化をしながら”あの頃は”と振り返り
また ふと現状を見つめてみると進歩のない事に気付きガックリします。
”目からウロコ” それは努力の賜物ではないでしょうか。いい話です。


by furukaba (2009-05-23 20:22) 

OMOOMO

今回は写真がたくさんでうれしかったです。現役時代はばりばりで
働いてらしたのですね。生涯学習でまた、目からウロコ、そしてこのブログ
で多くの人たちを啓発してくれてるのがまた目からウロコ。そんな生き方のsigさんが素敵です。
by OMOOMO (2009-05-23 23:22) 

sig

furukabaさん、こんばんは。
ガックリはご謙遜。ずいぶん作品をたくさんお持ちなんですね。
それだけでもすばらしいことだと思います。
さぞ充実したDVDができあがることでしょう。
”目からウロコ” の話は、それまで世間知らずだったということなんですね。
by sig (2009-05-24 00:25) 

sig

OMOOMOさん、こんばんは。
いつもご声援、ありがとうございます。
今回は意外に写真が無くて困っちゃいました。結局いいところは懸命に仕事をしているわけですから、写真には撮ってないということでしょうか。W
生涯学習の市民塾はこの他にも地元の市で立ち上げました。「TAMA市民塾」は10年、地元のカレッジは3年関わったあと抜けました。
少しずつ身辺整理を、と思い、講師役も縮小。このブログは身辺整理の一部なんです。
by sig (2009-05-24 00:34) 

Ja-Kou66

自分の場合は、sigさんのように
立派な「目からウロコ」を持ち合わせてはいませんが
たわいもない事に開眼してゆくこと、それがいつか
大きな新境地に変わったりすることもあるのでしょうかね〜(^ ^)
そういえば大昔、兄が「マイコン」買って(もらって)いました。
昔のパソコンもそうですが、恐ろしくて触れませんでした(^ ^;
by Ja-Kou66 (2009-05-24 13:41) 

sig

Rebeccaさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-24 17:27) 

sig

Ja-Kou66さん、こんにちは。
小さいことでも毎日驚きをもてる感性って素敵だと思います。
むしろ大きな開眼よりもそのほうが豊かかも。
「マイコン」に触れなかったJa-Kou66さんが、今、パソコンでブログをやっていることだって、開眼ではないでしょうか。
by sig (2009-05-24 17:33) 

sig

pianoさん、はじめまして。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-24 20:55) 

sig

sanaさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-24 20:56) 

sig

花火師さん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-24 22:55) 

sig

サチさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-25 11:02) 

sig

銀猫さん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-05-29 09:19) 

gyaro

「TAMA市民塾」、講師の方もボランティアとは、
感動です。
私も目からうろこの体験をすべく、日々努力したいと思います!
by gyaro (2009-05-29 13:47) 

sig

gyaroさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
gyaroさんのブログはとてもセンスがあって、楽しみにしています。
センスは感性によって磨かれるわけで、そのあたりに乏しい私にはうらやましく感じられます。何かに感動できる感覚をいつも持っていたいものですね。
by sig (2009-05-29 15:33) 

sig

Yubarimeronさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-06-03 09:10) 

sig

corradoさん、こんばんは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-06-06 00:08) 

sig

kemmさん、こんにちは。ご来館ありがとうございます。
by sig (2009-06-14 17:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。